Monthly Archives: January 2016

キャッシングで多重債務の状態に陥ってしまったときは

キャッシングは比較的簡単にお金を借入れることのできる便利なサービスですが、その利用方法を誤ってしまった場合、キャッシングの返済が立ち行かなくなってしまうこともあります。特に無計画にキャッシングを利用している人の場合、予定日までに返済するべきお金の工面がつかずに、そのお金を調達するためにあらたにお金の借入をしてしまうという人も珍しくはありません。
キャッシングの返済をするためにキャッシングでお金を借入れてしまうような人は最終的には多重債務者となってしまい、自力では到底借金の返済を続けていくことができなくなってしまうのです。
一度多重債務の状態に陥ってしまうと利息が利息を生み出すことになるため、借金の額が次第に膨れ上がってしまうことになります。
もしも、すでに多重債務の状態に陥っているという人や、陥りそうだという人は借金の額が膨らんでしまわないうちに債務整理をするべく弁護士などへ相談するようにしましょう。

キャッシングの返済は分割が基本なので安心

“キャッシングの返済方法は一括だけではありません。
基本は分割返済になるので、毎月の返済日に返済していけば問題ありません。
返済日は10日や25日に設定されたものが多く、これは給料日に合わせているためです。
ただし、給料日の当日はバタバタして忙しいので、25日が給料日なら返済は翌月10日というように都合に合わせて工夫しましょう。

キャッシングの返済は基本的に月1回ずつ行っていきますが、任意で回数を増やすのは問題ありません。
随時返済が自由に行えるので、まとまったお金が手に入ったら即座に完済もできます。
一括返済が無理でも、毎月の返済額に3,000円プラスするというように、少し多めに返済して早く完済するのもありです。

分割返済で注意したいのは、返済日を過ぎてしまうことです。
1日でも過ぎると遅延損害金が発生するので、必ず返済日の24時までは入金しましょう。
口座振替を設定しておけば、忙しい方でも簡単に返済できます。

キャッシングが他のローン審査に与える影響

“キャッシングを利用している方はたくさんいますが、キャッシングを利用しながら住宅ローンやマイカーローンを組もうと考えている方も多いですね。
しかし、そこでは必ず審査があります。
キャッシングするときも審査がありますが、マイカーや住宅ローンの場合は、もっと厳しい審査となります。
果たして、キャッシングしている事実がその他のローンにどんな影響を与えるのでしょうか。
そもそもキャッシングしながらローンなんて組めないのではと心配になるかもしれません。
結論から言うと、確かに全く借金のない方に比べると審査には通りにくくなります。
特に金額の大きい住宅ローンの場合、消費者金融などから借金があるとほぼ通らないと考えられます。
ですから、そのような予定がある場合はできるだけ完済しておいた方が絶対に有利です。
延滞歴などがあると信用情報に事故歴があるので絶望的ですが、まじめに返済していても、借金があるというのは印象がよくないということですね。

ブラックになるとキャッシングもカードも作れない

“お手軽に作れるクレジットカードですが、数枚も持っていて、いろいろお買い物をしすぎて支払いが出来なかったり、
支払いが遅れたり、停滞したり、繰り返し、しまいにはカードがありすぎて、買い物しすぎて支払えなくなります。
そうなると、自己破産というのがあります。家庭裁判で行います。自己破産するには手持ちの貯金、手持ちの金、お金に変えられるもので例えばテレビ、自動車、家などがあります。それも手放すことになります。調査書には正しく書くしかないのです。キャッシングのやりすぎは怖いものです。支払った感覚がマヒしてしまいます。現金の方が支払った感覚があります。これがキャッシングの恐ろしさになります。そこで自己破産をすると10年ほどはブラックになるのでクレジットカード会社にもブラックリストに載りますので新たにカードを申請しても申請拒否が出ます。
クレジットカードによるキャッシングの怖さをもっと自覚して買い物をしていかないと困るのは自分になります。”

キャッシングにおける残高の意味

“キャッシングをする際に残高があるというのは、借金があると同じ意味になります。またこの残高があることで金利を支払うことになりますので、この数字というのは借金の重さを推しはかるものでもあるでしょう。もちろんこの残高を少なくすることで、返済する金額も少なくなりますので、減らすことを気にしながら返済を続けるようにしましょう。

返済日が迫っている日に、少しでも余裕がある場合は、返済に充てるというのは賢い選択です。元本を減らすことで、金利を支払わなくて済みますし、また努力する分借金を返済する期間が短くなります。元本を減らす計画を立てるようにしましょう。借金をするということは、返済をすることになります。金利というものがキャッシングにおいての重さになりますので、なるたけ金利が低い貸金業者や銀行に申し込むことも大切な選択方法です。借りやすさや即日融資に長けているということも大切な判断基準ですが、金利についても考えるようにしましょう。”