キャッシングを上司に知られないようにもできます

キャッシングを申し込むとその時に在籍確認の電話が必要という場合が多いです。利用する条件として定期的な収入を得ている人という規定を設けている場合がほとんどだからです。そこで問題になるのが職場には電話されたくないという場合です。その際に金融機関を名乗ることもないですし、そもそもキャッシングの件ですがと言うことなどありませんが、電話を取ったのが自分ではなく上司であったりしたら何かの在籍確認だとわかってしまわないか心配ですし、そもそも家族の急用でもないのに外から個人に電話が掛かってくること自体まったくないというような職場の可能性もあるからです。しかし在籍確認の電話というのは申し込み書類に書かれてある勤務先に今実際に勤めているかを確かめるわけですから、それならその代わりのものを提出すれば代用になります。例えば最近2カ月の給料明細書の写しなどです。そういうものでも代わりになるかどうかを申し込み時に尋ねてもよいですし、それでもかまいませんと元々明記してある金融機関もあります。それであれば職場への在籍確認で上司に知られてしまいそうなリスクもありません。